left_side right_side
セムテックスメディカルインタビュー
治療から予防へ歯科治療の明日を考える
福田歯科クリニック院長 福田 武志
東京都出身。日本大学歯学部卒業後、大学院にて歯周科を専門に学び学位を取得。歯学博士・日本歯周病学会認定歯周病専門医


歯科治療は「痛くなってから治す」のではなく、
「悪くならないように予防する」というテーマに移ってきている。今回は東京都足立区内で歯科クリニックを開業し、歯周病専門医の立場から地域医療の貢献に奮闘している福田武志院長に話を聞いた。





-----予防と聞くとテレビのCMでもよく聞く「歯周病予防」という言葉を連想してしまいます。

福田院長
 ムシ歯にしても歯周病にしても現在の歯科医療のトピックは「どうすれば痛くならずにすむのか?」つまり、「どうすればムシ歯や歯周病から予防できるのか?」ということにあります。

----予防というと、普段の生活の中で、できることはあるのですか?

福田院長
 それは酒井さんも普段行っていると思いますが、ブラッシングが一番重要なのですよ。ムシ歯や歯周病を防ぐには正しいブラッシングがとても重要なのです。

-----私の周りには毎日歯磨きをしているのに、歯周病に悩まされている人がいますが・・・

福田院長
 それは、正しいブラッシングができていないからなのです。正しいブラッシングのやり方をご存じない方は沢山いらっしゃるので、私のクリニックでは、歯科衛生士のスタッフと共に、正しいブラッシングの指導に力を入れています。正しいブラッシングにより、歯茎は自然と引き締まり、何より、ムシ歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を取り除くことができます。

----私は歯医者さんから貰った染め出し液を使って、磨き残しをチェックすることがあります。

福田院長
 それは磨き残し部分が赤く染まる薬品ですね。磨き残しを自分で確認することは非常に重要なことです。最終的に、歯の表面と歯茎の溝が赤くならなければいいのです。赤い部分が無くなったということは、磨き残しがないというわけです。しかし、歯ブラシだけでは、どうしても磨けない部分も出てきます。例えば、歳を重ねていくと、歯茎が下がり歯ブラシだけではプラークを除去することは難しくなってきます。その場合は、歯間ブラシなどを上手に利用しながらブラッシングをすると良いでしょう。力を加える必要はありません。とにかく、普段から意識をご自身で持って口の中の環境を整えてあげることが重要なのです。

----それが予防医学ですね!!

福田院長
 ええ。患者さんの多くが、加齢と共に歯が悪くなってきている、と思われていますが、これは間違いです。若い頃から積み重ねてきた歯の汚れの影響が、40歳代、50歳代になって症状として出てきてしまうのです。体の抵抗力が加齢と共に弱まり、症状が現れやすくなるのです。若いうちから丁寧に歯磨きを行い、予防に注意を払っていれば、何歳になろうと、良い状態の歯を保つことができます。20歳代、30歳代の方でも一度は歯科医院に通院されたことがあると思いますが、その際も
単に治療で終わるのではなく、正しいブラッシング指導を受けられることをお勧めします。

----歯科クリニックというと、ムシ歯を治してもらうところ、というイメージがありますが・・・

福田院長
 例えば、当院では歯周病を【生活習慣病】としてとらえ、10年後を見据えた予防治療に傾注しています。日頃の歯磨きと、食生活に気を配れば、ムシ歯や歯周病は防ぐことができるのです。

----何歳位から「予防」を心がける必要がありますか?

福田院長
 予防の時期に早すぎる、ということはありません。
定期的に髪の毛を切りに床屋さんや美容室に行くのと同じ感覚で、歯のメンテナンスを施す、という意味で半年、少なくとも一年に一回は歯科クリニックに通われることを習慣づけて頂ければ、と考えています。悪くなってから歯科に行くのではなく、悪くならないようにチェックする。つまり治療(Cure)から予防(Care)へ考え方は移ってきているのです。歯科医療の現場では、とにかく「歯を残す」という方向に考え方が変わりつつあるのです。

----なるほど。それでは実際の医療現場で心がけていることはありますか?

福田院長
 あらゆる角度から治療方針を考え、患者さんにとって最適な治療方法を選択するようにしています。一人として、同じ状態の患者さんはいないのです。私を頼って来院して頂いているわけですから、常にベストな治療を行うことが、私の使命だと思っています。患者さんの悩みを解消し、快適な食生活を送って頂けるよう、サポートしています。

----それでは、最後になりましたが「予防」というキーワードで、この記事を読んでいる読者に一言お願い致します。

福田院長
 歳を重ねると共に口の中は悪くなっていくのではありません。
口の中は日頃の心がけ次第で、予防できる箇所である、ということを一人でも多くの方に認識していただけるよう、日々の診療に取り組んでいます。まずはクリニック周辺の地域住民の方から。地域のホームドクターとして貢献して行きたいと考えております。



福田歯科クリニックへのお問い合せはこちらまで

福田歯科クリニック
東京都足立区谷在家2-17-6
TEL : 03-3853-0318


閉じる
セムテックスメディカルインタビュー
under_line
Top

株式会社セムテックス

the copyright of the this web page belongs to Semtex,Inc.
Copyright (C)Semtex,Inc. All Rights Reserved.